AutoMate
逆引きリファレンス 項目一覧

AutoMateとは 

Webブラウザ

EXCEL・CSV

Loop

条件分岐

例外

文字列・数値・式・関数

Email

ウィンドウ

アプリケーション操作

マウス・キーボード

画像

処理を繰り返す(条件式)

処理を繰り返す(条件式)には、「Loop -式」アクションを使用します。
このアクションを使用することで、特定の条件式を用いて処理を繰り返すことが可能です。

「Loop -式」アクションでは以下のように設定します。

・[式]
以下のラジオボタンで処理を繰り返す条件を選択することができます。
[条件式が満たされている間ループする]
指定した条件の間はループします。
例)Xが5の間繰り返し処理を実行する

・[条件式が満たされるまでループする]
指定した条件になるまでループします。
例)Xが5になるまで繰り返し処理を実行する

・[条件式]
ループで判断される条件を指定
例)「var_1 = 5」

Loopを抜ける際は必ず「Loop - Break」アクションで抜ける必要があります。
Loopを途中で抜ける手段を設定する方法は以下のURLを参照してください。
https://automate.sct.co.jp/reference/繰り返しから離脱(中断)する(break)/

【サンプルコード】

<AMVARIABLE NAME="var_1" VALUE="0" />
<AMLOOP ACTIVITY="expression" CONDITION="until" EXPRESSION="%var_1 = 10%" />
<AMVARIABLE ACTIVITY="increment" RESULTVARIABLE="var_1" />
<AMLOOP ACTIVITY="end" />

 

Knowledge記事検索

AutoMate
逆引きリファレンス 項目一覧

AutoMateとは 

Webブラウザ

EXCEL

Loop

条件分岐

例外

文字列・数値・式・関数

Email

ウィンドウ