AutoMate
逆引きリファレンス 項目一覧

AutoMateとは 

Webブラウザ

EXCEL

Loop

条件分岐

例外

文字列・数値・式・関数

Email

ウィンドウ

アプリケーション操作

マウス・キーボード

処理を繰り返す(回数)

ある特定の回数同じ処理を繰り返すには、「Loop -範囲」アクションを使用します。
このアクションを使用することで、特定の回数同じ処理を繰り返すことが可能です。

「Loop -範囲」アクションでは以下のように設定します。

・[開始インデックス]
ループを開始する数字を指定
例えば、1項目より繰り返す場合は「1」を指定します。

・[終了インデックス]
ループを終了する数字を指定
例えば、1項目より10回同じ処理を繰り返す場合は「10」を指定します。

Loopを抜ける際は必ず「Loop - Break」アクションで抜ける必要があります。
Loopを途中で抜ける手段を設定する方法は以下のURLを参照してください。
https://automate.sct.co.jp/reference/繰り返しから離脱(中断)する(break)/

【サンプルコード】

<AMVARIABLE NAME="var_1" VALUE="" />
<AMLOOP FROM="1" TO="5" RESULTVARIABLE="var_1" />
<AMSHOWDIALOG>%var_1%回目</AMSHOWDIALOG>
<AMLOOP ACTIVITY="end" />

 

Knowledge記事検索

AutoMate
逆引きリファレンス 項目一覧

AutoMateとは 

Webブラウザ

EXCEL

Loop

条件分岐

例外

文字列・数値・式・関数

Email

ウィンドウ