AutoMate
逆引きリファレンス 項目一覧

AutoMateとは 

Webブラウザ

EXCEL・CSV

Loop

条件分岐

例外

文字列・数値・式・関数

フォルダ・ファイル

Email

ウィンドウ

アプリケーション操作

マウス・キーボード

画像

ダイアログ

Plus/Ultimate版

トリガー

バックアップから復元する(Plus/Ultimate版)

AutoMate(Plus/Ultimate版)では、各種情報は全てSQL Serverのデータベースに保管されているため、バックアップしたデータベースを復元することで各種タスク・設定値などを復元可能です。
AutoMate Plus/Ultimate版のデータが保管されている、データベースのバックアップを取得する方法は以下の記事を参照してください。
■バックアップを取得する(Plus/Ultimate版)
https://automate.sct.co.jp/reference/バックアップを取得する(plus-ultimate版)/

以下の手順でデータベースからAutoMate Plus/Ultimateバックアップデータを復元します。
1) サーバー環境にアクセスし、スタート画面より「SQL Server Management Studio」を起動

2) 接続先のサーバー名、ユーザー、パスワードを入力しSQLサーバーに接続

3) 接続後、オブジェクトエクスプローラーから、AutoMate Plus/Ultimateのタスク等のデータが保存されているデータベースを右クリックし、「タスク」→「復元」→「データベース」をクリック

4)復元を行いたいデータベースが、バックアップを行ったデータベースであることを確認し、「OK」をクリック

Knowledge記事検索

AutoMate
逆引きリファレンス 項目一覧

AutoMateとは 

Webブラウザ

EXCEL

Loop

条件分岐

例外

文字列・数値・式・関数

Email

ウィンドウ