AutoMate
逆引きリファレンス 項目一覧

AutoMateとは 

Webブラウザ

EXCEL

Loop

条件分岐

例外

文字列・数値・式・関数

Email

ウィンドウ

アプリケーション操作

マウス・キーボード

テキストを取得する

Webブラウザ上のテキストを取得するには、「Webブラウザ -値の取得」アクションを使用します。
このアクションを使用することで、指定したテキストを取得することが可能です。

「Webブラウザ -値の取得」アクションでは以下のように設定します。

・[ブラウザを選択する]
「選択(虫眼鏡マーク)」をドラッグし、指定したいWebブラウザのウィンドウにてリリース
その際、Webブラウザのウィンドウの縁が緑色の枠で囲まれていることを確認します。
※対象のウィンドウが開いている状態かつフォアグラウンド(最前画面)にあることを確認してから行う必要があります。

・[HTML要素を検索する]
「ドラッグ(指のマーク)」をドラッグし、
Webブラウザ上のクリックしたい部分にてリリース
その際、指定した部分が青枠で囲まれていることを確認します。

選択した箇所のHTML要素が自動で取得されます。

・[インタラクション]タブ内[変数に単一の値を格納する]
プルダウンを展開し、あらかじめ作成しておいた変数に格納

【サンプルコード】

<AMVARIABLE NAME="var_1" VALUE="" />
<AMBROWSER URL="https://www.sct.co.jp/amdemo/order1.php" SESSION="BrowserLegacySession1" />
<AMBROWSER ACTIVITY="getvalue" HTMLTAG="H2" SESSION="BrowserLegacySession1" RESULTVARIABLE="var_1" ATTRIBUTE=":text"><HTMLATTRIBUTE NAME="className" VALUE="ac fsize_l" /></AMBROWSER>

 

Knowledge記事検索

AutoMate
逆引きリファレンス 項目一覧

AutoMateとは 

Webブラウザ

EXCEL

Loop

条件分岐

例外

文字列・数値・式・関数

Email

ウィンドウ