AutoMate
逆引きリファレンス 項目一覧

AutoMateとは 

Webブラウザ

EXCEL・CSV

Loop

条件分岐

例外

文字列・数値・式・関数

フォルダ・ファイル

Email

ウィンドウ

アプリケーション操作

マウス・キーボード

画像

ダイアログ

Plus/Ultimate版

トリガー

タスクの実行ユーザーを取得する

タスクの実行ユーザーを取得するには、GetUsername関数を使用します。
この関数を使用することでタスクの実行ユーザーを取得することが可能です。

GetUsername関数では以下のように設定します。
「%GetUsername()%」

また、エクスプレッションビルダーからも選択可能です。
※エクスプレッションビルダーの起動方法はこちらを参照ください
https://automate.sct.co.jp/reference/演算子(エクスプレッション-ビルダー)/

エクスプレッションビルダーより選択する場合は、
エクスプレッションビルダー「Extended Functions」 →「GetUsername ()」を選択します。

【サンプルコード】
現在タスクを実行しているユーザーのユーザー名をダイアログ表示するサンプル

<AMSHOWDIALOG>%GetUsername()%</AMSHOWDIALOG>

Knowledge記事検索

AutoMate
逆引きリファレンス 項目一覧

AutoMateとは 

Webブラウザ

EXCEL

Loop

条件分岐

例外

文字列・数値・式・関数

Email

ウィンドウ