reference 定数とは

定数は全てのタスクから参照可能な読み取り専用の値です。
例えば、共有フォルダのパスを定数に設定しておき、各タスクからその定数を参照しておくことで、
もし共有フォルダのパスが変更になったとしても各タスクの値を修正することなく、定数の値を変更するのみで対応可能となります。

定数を設定するためには以下のように設定します。
AutoMateタスクアドミニストーレーター→「オプション」→「システム設定」→「定数」

また、設定した定数をタスクから参照する際には、エクスプレッションビルダーから「Constants」を指定します。

参考URL
https://automate.sct.co.jp/knowledge/1139/