reference タスクのログオン設定をする(Plus/Ultimate版)

タスクのログオン設定をする(Plus/Ultimate版)には、管理コンソールから設定します。
タスクのログオン設定を行うことで、タスクの実行ユーザーやロック/ログオフ時に自動ログオンさせるユーザーの指定が可能です。

Plus/Ultimate版においてタスクごとにログオン設定をしたい場合、以下のように設定します。
管理コンソール→[レポジトリ]→ログオン設定したいタスクを選択→「ログオン」

レポジトリ内のタスクにてログオン設定を個別に設定する場合は、「値を無視して上書きするにはここをクリック」をクリックします。

※この設定は上記のように個別で設定しない限り、管理コンソール→[オプション]→[デフォルト プロパティ]→[ログオン]にて指定されている設定が継承されます。
デフォルトプロパティの継承については以下のURLを参照してください。
■サーバー版における「デフォルトプロパティの継承」について
https://automate.sct.co.jp/knowledge/5461/

[ワークステーションがログオンされている場合]
コンピューターがログオン中の場合以下のユーザーで実行します。
・「ログオンしたユーザー」:現在ログオンしているユーザーを指定
・「バックグラウンドユーザー(以下に定義)」:バックグランドユーザーを指定

[ワークステーションがログオフされている場合]
コンピューターがログオフ中の場合以下の処理を行います。
・「実行しない」:タスクを実行しない
・「バックグラウンドユーザーとして実行(以下に定義)」:バックグランドユーザーを指定
・「指定したユーザーでログオン(以下で定義)」:ログオンするユーザーを指定

[ワークステーションがロックされている場合]
コンピューターがロック中の場合以下の処理を行います。
・「実行しない」:タスクを実行しない
・「現在ログオン中のユーザーとして実行」:現在ログオンしているユーザーでタスクを実行
・「バックグラウンドユーザーとして実行(以下に定義)」:バックグランドユーザーとしてタスクを実行
・「指定したユーザーを使用してロックを解除する(以下で定義)」:ロックを解除するユーザーを指定

[指定したユーザー]
ログオンに使用するユーザーを指定します。
-「エージェント オプションで指定された[デフォルトユーザー]アカウントを使用する」
:管理コンソール内[オプション]→[デフォルト プロパティ]→[デフォルト ユーザー]にて指定したユーザー
または各エージェント(ボット)にて指定されたデフォルトユーザーを指定
-「このユーザーアカウントを使用する」:以下のプロパティにて設定したユーザーを指定
・ユーザー名:使用するユーザー名を指定
・パスワード:上記にて指定したユーザーのパスワード指定
・ドメイン名またはマシン名:上記にて指定したユーザーのドメイン名またはマシン名を指定(必要に応じて指定します)

[最大権限で実行する]
この項目にチェックを入れることで、ユーザーの最大権限を使用してタスクを実行することが可能です。

以下の記事もご参照下さい。
■タスク内でアプリケーションを「管理者として実行」したい
https://automate.sct.co.jp/knowledge/3112/