reference 特定の文字を変換する

文字列の中から特定の文字を変換するには、「テキスト - 置換」アクションを使用します。
このアクションを使用することで特定の文字を任意の文字に変換できます。

「テキスト - 置換」アクションは以下のように設定します。
・[テキスト]
変換する文字列または文字列が格納された変数を指定
・[検索する文字]
変換する文字を指定
・[置換後の文字列]
変換後の文字を指定
※[置換後の文字列]の欄になにも値を設定しないことで、特定の文字を除去することが可能です。
・[結果を変数に設定する]
変換後の文字列を格納する変数を指定
※事前に「変数 -作成」アクションにて変数を作成しておきます。

【サンプルコード】
変数「var_1」における文字列「,」を「/」に置換した文字列を変数「var_1」に格納し、ダイアログ表示するサンプル

<AMVARIABLE NAME="var_1" />
<AMTEXT ACTIVITY="replace" TEXT="a,b,c,d" FIND="," REPLACE="/" RESULTVARIABLE="var_1" />
<AMSHOWDIALOG>% var_1%</AMSHOWDIALOG>

上記の動作は関数でも設定可能です。
Replace関数を以下のように設定します。
「%Replace(文字列が格納された変数, "置換前の文字", "置換後の文字")%」

例えば「,」を「/」に変換したい場合、
「%Replace(var_1, ",", "/")%」のように設定します。

Replace関数に関しては以下のURLもご参照ください。
■コラム:便利な関数「Date関数、Replace関数」
https://automate.sct.co.jp/knowledge/1124/

【サンプルコード】
「Replace」関数を使用して変数「var_1」における文字列「,」を「/」に置換した文字列をダイアログ表示するサンプル

<AMVARIABLE NAME="var_1" VALUE="a,b,c,d" />
<AMSHOWDIALOG>%Replace(var_1, ",", "/")%</AMSHOWDIALOG>