reference リージョンの挿入

リージョンとは、指定された範囲のアクションに名前を付けたコメントのような機能です。
この機能を使用することによって、タスク全体が長くなった際にタスクを見やすくすることができます。
リージョン自体はタスクの実行に影響を与えることはありません。

【リージョンの設定方法】
タスクビルダー上部のステップ、リボンからリージョンを選択します。

また、中央のステップパネルにて右クリックし、「リージョン」を選択することでも設定することが可能です。

リージョンは任意の名前に変更することができます。

リージョン横の「▲」マークをクリックすることで、リージョンを折りたたむことができます。

下記の記事もご参照ください。
■タスクビルダー内「リージョン」の使用方法について
https://automate.sct.co.jp/knowledge/3783/

【サンプルコード】
AutoMate Portalへログインする工程をリージョンでまとめたサンプル

<AMREGION NAME="ログイン" COLLAPSE="no" />
<AMVARIABLE NAME="var_user" VALUE="" />
<AMVARIABLE NAME="var_password" VALUE="" />
<AMBROWSER URL="https://automate.sct.co.jp/member_login/" SESSION="BrowserLegacySession1" />
<AMBROWSER ACTIVITY="setvalue" HTMLID="swpm_user_name" SESSION="BrowserLegacySession1" ATTRIBUTE=":text">%var_user%</AMBROWSER>
<AMBROWSER ACTIVITY="setvalue" HTMLID="swpm_user_name" SESSION="BrowserLegacySession1" ATTRIBUTE=":text">%var_password%</AMBROWSER>
<AMBROWSER ACTIVITY="click" HTMLNAME="swpm-login" SESSION="BrowserLegacySession1" />
<AMENDREGION />