「AutoMate 逆引きリファレンス」に4つの大項目を追加。小項目の追加も多数!ご活用ください!

AutoMate逆引きリファレンスは、AutoMateの開発で「こんなことを実現したい」という時に、その処理を実現する機能を調べるためのWeb上の参考ブックです。

実装したい機能がすぐにわかるので、初心者の方にもどんどん活用していただきたく思っています。

今回、「フォルダ・ファイル」「ダイアログ」「Plus/Ultimate版」「トリガー」の4つの大項目と小項目を多数追加しました。今後もカテゴリーおよび項目を継続的に追加していく予定です。

また、本リファレンスでご紹介しているコードは、自由に使っていただいて問題ありません(サンプルコードは11.2.1.4以上のバージョンを想定しています)。ベテランの方も初心者の方も、日々の開発・運用・保守にどんどんご活用ください。

AutoMate逆引きリファレンスはこちらです。

Knowledge記事検索

Knowledge

News・Information