AutoMate
逆引きリファレンス 項目一覧

AutoMateとは 

Webブラウザ

EXCEL

Loop

条件分岐

例外

文字列・数値・式・関数

Email

ウィンドウ

アプリケーション操作

マウス・キーボード

Webブラウザを起動する

Webブラウザを起動するときは、「Webブラウザ -ブラウザを開く」アクションを使用します。
このアクションを使用することで、指定したWebブラウザを起動することが可能です。
※Webブラウザアクションには、「Webブラウザ」と「Webブラウザ(従来)」の2種類があります。

「Webブラウザ -ブラウザを開く」アクションでは以下のように設定します。
・[ブラウザ]
使用するブラウザの種類を選択
※「Webブラウザ(従来)」ではInternet Explorerのみ使用可能です。

・[ページURL]
起動するWebページのURLを指定

・[セッション(オートメーションサポートブラウザのみ)]
作成する任意のセッション名を指定(半角英数字)
※「Webブラウザ」アクションを使用して自動化するには、作成したセッションを使用します。

【サンプルコード】

<AMBROWSER URL="https://www.sct.co.jp/amdemo/" SESSION="BrowserLegacySession1" />

 

Knowledge記事検索

AutoMate
逆引きリファレンス 項目一覧

AutoMateとは 

Webブラウザ

EXCEL

Loop

条件分岐

例外

文字列・数値・式・関数

Email

ウィンドウ