AutoMate
逆引きリファレンス 項目一覧

AutoMateとは 

Webブラウザ

EXCEL・CSV

Loop

条件分岐

例外

文字列・数値・式・関数

フォルダ・ファイル

Email

ウィンドウ

アプリケーション操作

マウス・キーボード

画像

ダイアログ

Plus/Ultimate版

トリガー

CSVファイルを読み込む

CSVファイルを読み込んでデータセットに値を格納するためには、「ファイルシステム – CSVからデータセット」アクションを使用します。
このアクションを使用することで指定したCSVファイルを読み込み、取得した値をデータセットへ格納することが可能です。

※1 CSV ファイル内の下記テキスト修飾子はデータセットまたは変数に取得されません。
・(“)ダブルコーテーション
・(\)バッグスラッシュ

※2 データセットについては、以下のURLをご参照ください。
https://automate.sct.co.jp/reference/データセットとは/

「ファイルシステム -CSVからデータセット」アクションでは以下のように指定します。

・[ソース]
読み込むCSVファイルのパスを指定
・[データセットに値を格納する]
CSVファイルから取得したデータを格納するデータセットを作成

【サンプルコード】
デスクトップ上の「test.csv」のデータをデータセット「dataset1」として格納するサンプル

<AMFILESYSTEM ACTIVITY="csv_to_dataset" SOURCE="%GetDesktopDirectory()%/test.csv" RESULTDATASET="dataset1" />

 

Knowledge記事検索

AutoMate
逆引きリファレンス 項目一覧

AutoMateとは 

Webブラウザ

EXCEL

Loop

条件分岐

例外

文字列・数値・式・関数

Email

ウィンドウ