AutoMate
逆引きリファレンス 項目一覧

AutoMateとは 

Webブラウザ

EXCEL・CSV

Loop

条件分岐

例外

文字列・数値・式・関数

フォルダ・ファイル

Email

ウィンドウ

アプリケーション操作

マウス・キーボード

画像

ダイアログ

Plus/Ultimate版

トリガー

複数回特殊キーを実行する(Tab、Down…)

複数回特殊キーを実行する(Tab、Down…)には、「入力 -キーストロークの送信」アクションを使用します。
このアクションにキーコードと入力したい回数を「{}」内に指定します。
※特殊キーを1回実行する方法についてはこちらを参照ください
https://automate.sct.co.jp/reference/特殊キーを実行する/

「入力 -キーストロークの送信」アクションでは以下のように設定します。
例)Tabキーを5回入力する

・[キーストロークの送信]
{Tab 5}と入力
※キーコードと数字の間の半角スペースが必要です。

下記のURLもご参照ください
https://automate.sct.co.jp/knowledge/1684/

【サンプルコード】
Tabキーを5回連続で押下するサンプル

<AMINPUT KEYSTROKES="{TAB 5}" />

Knowledge記事検索

AutoMate
逆引きリファレンス 項目一覧

AutoMateとは 

Webブラウザ

EXCEL

Loop

条件分岐

例外

文字列・数値・式・関数

Email

ウィンドウ