AutoMate
逆引きリファレンス 項目一覧

AutoMateとは 

Webブラウザ

EXCEL・CSV

Loop

条件分岐

例外

文字列・数値・式・関数

フォルダ・ファイル

Email

ウィンドウ

アプリケーション操作

マウス・キーボード

画像

ダイアログ

Plus/Ultimate版

トリガー

管理コンソールのユーザーを追加する

AutoMateのサーバー版(Plus/Ultimate版)の管理コンソールのユーザー新規登録する場合は、管理コンソールから追加を行います。
管理コンソールのユーザーは、ユーザーごとに閲覧・編集・実行等の権限を管理することが可能です。
※初期ユーザーは、Administrator のみです。

管理コンソールのユーザーを新規登録する場合は、以下のように設定します。
1.管理コンソールの「ユーザー」タブにて「新規」をクリックします。

2.任意のユーザー名とパスワードを指定します。

・[AutoMate Enterpriseのパスワードで認証]を選んだ場合、
管理コンソールからサーバー接続時に入力するパスワードを指定できます。
※パスワードは同じ文字列を2回入力します。

・[アクティブ ディレクトリーのパスワードで認証する]を選んだ場合、
Active Directoryユーザーの資格情報からパスワードを指定できます。
※なお、Active Directoryユーザーを使用する場合は、[ユーザー名]のプロパティをADにて使用しているユーザー名を指定する必要があります。
以下の記事もご参照ください。
■AD(Active Directory)のユーザーと連携する方法
https://automate.sct.co.jp/knowledge/734/

ユーザーを追加するとユーザーに紐づいたフォルダが「ユーザー名」というフォルダで下記のディレクトリに自動的に生成されます。
・「ワークフロー」タブの「ワークフロー」フォルダ配下
・「レポジトリ」タブの各フォルダ(「タスク」「コンディション」「プロセス」)配下
※ユーザーを削除しても生成されたフォルダは残ります。

Knowledge記事検索

AutoMate
逆引きリファレンス 項目一覧

AutoMateとは 

Webブラウザ

EXCEL

Loop

条件分岐

例外

文字列・数値・式・関数

Email

ウィンドウ