AutoMate
逆引きリファレンス 項目一覧

AutoMateとは 

Webブラウザ

EXCEL・CSV

Loop

条件分岐

例外

文字列・数値・式・関数

フォルダ・ファイル

Email

ウィンドウ

アプリケーション操作

マウス・キーボード

画像

ダイアログ

Plus/Ultimate版

トリガー

特定の文字列を除去する

特定の文字列をブランクに置き換えるためには、「テキスト -置換」アクションを使用します。
このアクションを使用することで、除去したい文字列をブランクに置き換えて除去することが可能です。

「テキスト -置換」アクションは以下のように設定します。

・[テキスト]
除去する文字列または文字列が格納された変数を指定

・[検索する文字]
除去する文字を指定

・[置換後の文字列]
ブランクを指定(=何も入力しない)

・[結果を変数に設定する]
除去後の文字列を格納する変数を指定
※事前に「変数 -作成」アクションにて変数を作成しておきます。

【サンプルコード】
「テキスト -置換」アクションを使用して変数「var_1」に含まれる文字列のうち「,」の部分を除去し、結果を表示するサンプル

<AMVARIABLE NAME="var_1" VALUE="東京,大阪,名古屋" />
<AMTEXT ACTIVITY="replace" TEXT="%var_1%" FIND="," REPLACE="" RESULTVARIABLE="var_1" />
<AMSHOWDIALOG>%var_1%</AMSHOWDIALOG>

 

上記の動作は関数でも設定可能です。
Replace関数では以下のように設定します。
「%Replace(" 該当の文字列を含む変数(例:var_1) "," 空白に置き換えたい文字列(例:名古屋) ", "")%」

例えば変数「var_1」内に含まれている「,」を除去したい場合、
「%Replace(var_1, ",", "/")%」のように設定します。

以下のURLもご参照ください。
■コラム:便利な関数「Date関数、Replace関数」
https://automate.sct.co.jp/knowledge/1124/
■特定の文字を除去する
https://automate.sct.co.jp/knowledge/3787/

【サンプルコード】
「Replace」関数を使用して変数「var_1」に含まれる文字列のうち「,」の部分を除去し、結果を表示するサンプル

<AMVARIABLE NAME="var_1" VALUE="東京,大阪,名古屋" /> <AMSHOWDIALOG>%Replace(var_1, ",", "")%</AMSHOWDIALOG>

Knowledge記事検索

AutoMate
逆引きリファレンス 項目一覧

AutoMateとは 

Webブラウザ

EXCEL

Loop

条件分岐

例外

文字列・数値・式・関数

Email

ウィンドウ