AutoMate
逆引きリファレンス 項目一覧

AutoMateとは 

Webブラウザ

EXCEL・CSV

Loop

条件分岐

例外

文字列・数値・式・関数

Email

ウィンドウ

アプリケーション操作

マウス・キーボード

画像

特定の文字を除去する

テキスト内の特定の文字を除去するには、「テキスト -トリム」アクションを使用します。
このアクションを使用することによりテキストの先頭、末尾の不要な文字を取り除くことができます。

「テキスト -トリム」アクションでは以下のように設定します。

・[除去されるテキスト]
除去される文字または変数を指定
※変数を指定する場合は対象の変数が「%」で囲われている必要があります。

・[除去する先]
スペースを除去する方法を選択
[始めと終り]
目的のテキストの先頭と末尾から取り除きます
[始め]
目的のテキストの先頭から取り除きます
[終り]
目的のテキストの末尾から取り除きます

・[除去] → [ユーザー定義]

・[除去する文字]
[除去されるテキスト]で指定したテキストから除去したい文字を指定

・[変数に結果を設定する]
プルダウンを展開し、あらかじめ作成しておいた変数に格納

【サンプルコード】

<AMVARIABLE NAME="var_1" VALUE="東京 大阪 名古屋" />
<AMTEXT ACTIVITY="trim" TEXT="%var_1%" RESULTVARIABLE="var_1" REMOVE="user" CHARACTERS="名古屋" />
<AMSHOWDIALOG>%var_1%</AMSHOWDIALOG>

 

上記の設定は関数においても指定可能です。関数の場合は、Replace関数を使用します。
Replace関数では以下のように設定します。
「%Replace(" 該当の文字列を含む変数(例:var_1) "," 削除したい文字列(例:名古屋) ", "")%」

以下のURLもご参照ください。
https://automate.sct.co.jp/knowledge/1124/

【サンプルコード】

<AMVARIABLE NAME="var_1" VALUE="東京 大阪 名古屋" /> <AMSHOWDIALOG>%Replace(var_1, "名古屋", "")%</AMSHOWDIALOG>

 

Knowledge記事検索

AutoMate
逆引きリファレンス 項目一覧

AutoMateとは 

Webブラウザ

EXCEL

Loop

条件分岐

例外

文字列・数値・式・関数

Email

ウィンドウ