AutoMate
逆引きリファレンス 項目一覧

AutoMateとは 

Webブラウザ

EXCEL・CSV

Loop

条件分岐

例外

文字列・数値・式・関数

Email

ウィンドウ

アプリケーション操作

マウス・キーボード

画像

条件で分岐する(if、else、else if文)

条件で処理を分岐するには「If -条件式」アクションを使用します。
このアクションを使用することで、条件分岐の処理を行うことが可能です。

例えば変数var_1 に格納される値が1のときの条件は「If – 条件式」アクションで
以下のように設定します。
・[左の空欄] → 変数(var_1)
・[中央のプルダウン] → is equals to
・[右の空欄] → 値(1)

[図1:If文の一例]

※関数や変数は半角パーセント(%)で囲むことで格納されている値を示します。

Ifの条件に合致しないそのほかの場合の処理を指定するには「If – Else」アクションを使用します。
[図2:Else文]

Elseの中でさらにIf文で条件分岐を行いたいときは Elseの中に「If」アクションを追加します。
[図3:Else If文の一例]

【サンプルコード】

<AMVARIABLE NAME="var_1" VALUE="" />
<AMSHOWDIALOG ACTIVITY="input" MESSAGE="0 か 1 を入力してください。" RESULTVARIABLE="var_1" WINDOWTITLE="入力欄" />
<AMIF EXPRESSION="%var_1% = 0" />
<AMSHOWDIALOG MESSAGE="あなたが入力した数字は 0 です。" WINDOWTITLE="メッセージ" />
<AMELSE />
<AMIF EXPRESSION="%var_1% = 1" />
<AMSHOWDIALOG MESSAGE="あなたが入力した数字は 1 です。" WINDOWTITLE="メッセージ" />
<AMIF ACTIVITY="end" />
<AMIF ACTIVITY="end" />

 

Knowledge記事検索

AutoMate
逆引きリファレンス 項目一覧

AutoMateとは 

Webブラウザ

EXCEL

Loop

条件分岐

例外

文字列・数値・式・関数

Email

ウィンドウ