AutoMate
逆引きリファレンス 項目一覧

AutoMateとは 

Webブラウザ

EXCEL・CSV

Loop

条件分岐

例外

文字列・数値・式・関数

フォルダ・ファイル

Email

ウィンドウ

アプリケーション操作

マウス・キーボード

画像

ダイアログ

Plus/Ultimate版

トリガー

日付を入力する(yyyy/MM/dd)

日付の書式設定を「yyyy/MM/dd」形式に変更するには、「テキスト -日付の書式設定」アクションを使用します。
このアクションを使用することで日時の表示形式を変更することが可能です。

「テキスト -日付の書式設定」アクションでは以下のように設定します。

・[日時形式]→ 「yyyy/MM/dd」
日付の表示形式を指定
(プルダウンからも日時形式を選択することが可能です)

・[変数に結果を設定する]
設定の結果を格納する変数を指定
※事前に「変数 -作成」アクションにて変数を作成しておきます。

下記のURLもご参照ください。
■日付形式「2020年4月9日」を「2020/04/09」や「20200409」に変更したい
https://automate.sct.co.jp/knowledge/5486/

【サンプルコード】
実行日の日付を「yyyy/MM/dd」形式に変換し変数「var_1」に格納するサンプル

<AMVARIABLE NAME="var_1" VALUE="" />
<AMTEXT ACTIVITY="format_datetime" RESULTVARIABLE="var_1" DATETIMEFORMAT="yyyy/MM/dd" />
<AMSHOWDIALOG>%var_1%</AMSHOWDIALOG>

 

上記の設定は関数においても指定可能です。関数の場合は、Format関数を使用します。
例えば、本日の日付をyyyy/MM/dd形式で入力したい場合、以下のように設定します。
「%Format(Now, "yyyy/MM/dd") %」

下記のURLもご参照ください。
■コラム:便利な関数2「Format関数、DateAdd関数」
https://automate.sct.co.jp/knowledge/1199/

【サンプルコード】
「format」関数を使用し現在日付を「yyyy/MM/dd」形式に変換しダイアログ表示するサンプル

<AMSHOWDIALOG>%Format(Now, "yyyy/MM/dd") %</AMSHOWDIALOG>

 

Knowledge記事検索

AutoMate
逆引きリファレンス 項目一覧

AutoMateとは 

Webブラウザ

EXCEL

Loop

条件分岐

例外

文字列・数値・式・関数

Email

ウィンドウ