AutoMate
逆引きリファレンス 項目一覧

AutoMateとは 

Webブラウザ

EXCEL・CSV

Loop

条件分岐

例外

文字列・数値・式・関数

フォルダ・ファイル

Email

ウィンドウ

アプリケーション操作

マウス・キーボード

画像

ダイアログ

Plus/Ultimate版

トリガー

文字列を検索する

文字列を検索するには、「テキスト – 検索」アクションを使用します。
「テキスト – 検索」アクションを使用することで文字列の中から特定の文字や文字列を検索することができます。

「テキスト – 検索」アクションは以下のように設定します。

・[テキスト]
検索対象の文字列を指定
・[検索]
検索する文字/文字列を指定
・[変数に最初のインデックスを設定する]
最初に検出されたのが何文字目かを格納する変数を指定
※事前に「変数 -作成」アクションで変数を作成する必要があります。

さらに「詳細」タブを展開すると以下のような値を変数に格納できます。
・[検出したテキストを変数に設定する]
検索した文字を格納する変数を指定([検索]で指定した文字)
・[総検出数を変数に設定する]
検出された合計数を格納する変数を指定

【サンプルコード】
変数「var_1」の文字列から文字「/」を検索し、総検出数を変数「var_1」に格納するサンプル

<AMVARIABLE NAME="var_1" />
<AMTEXT TEXT="a,b,c,d/" FIND="/" TOTALMATCHESVARIABLE="var_1" />

Knowledge記事検索

AutoMate
逆引きリファレンス 項目一覧

AutoMateとは 

Webブラウザ

EXCEL

Loop

条件分岐

例外

文字列・数値・式・関数

Email

ウィンドウ