AutoMate
逆引きリファレンス 項目一覧

AutoMateとは 

Webブラウザ

EXCEL・CSV

Loop

条件分岐

例外

文字列・数値・式・関数

Email

ウィンドウ

アプリケーション操作

マウス・キーボード

画像

処理をリトライする

AutoMateのアクションの処理がエラーになった際にリトライさせるには、
アクションプロパティ内の[エラー時]タブにて設定します。

この設定を行うことで該当のアクションを指定した時間と回数でリトライさせることができます。
[ステップをリトライする]にチェックを入れ、リトライさせる回数及び次のリトライまでのインターバルを指定します。

【サンプルコード】

<AMWAIT ACTIVITY="window" AM_TIMEOUT="300" AM_RETRY="3" AM_RETRYDELAY="500" WINDOWTITLE="AutoMate Demo 1 -Internet Explorer" />

 

Knowledge記事検索

AutoMate
逆引きリファレンス 項目一覧

AutoMateとは 

Webブラウザ

EXCEL

Loop

条件分岐

例外

文字列・数値・式・関数

Email

ウィンドウ