AutoMate
逆引きリファレンス 項目一覧

AutoMateとは 

Webブラウザ

EXCEL・CSV

Loop

条件分岐

例外

文字列・数値・式・関数

Email

ウィンドウ

アプリケーション操作

マウス・キーボード

画像

マウスを移動する(相対座標)

相対座標を使用してマウスを移動するには、「入力- マウスの移動」アクションを使用します。
このアクションを使用することで、座標を使用してマウスの移動を行うことが可能です。

「入力 – マウスの移動」アクションでは以下のように設定します。

・[X], [Y]
座標のX軸及びY軸を指定
※X/Y 座標をキャプチャするにはカーソルを画面上の目的 の位置に移動し、Insert キーを押します。

・[座標は以下に相対的]
[フォアグラウンドウィンドウ]を選択
※[フォアグラウンドウィンドウ]を選択することで最前面にあるウィンドウの左上を起点(0,0)とする座標を指定することが可能です。

【サンプルコード】

<AMRUN FILE="mspaint" />
<AMWAIT SCALAR="2" />
<AMINPUT ACTIVITY="move_mouse" X="1906" Y="10" />
<AMINPUT ACTIVITY="click_mouse" />

 

Knowledge記事検索

AutoMate
逆引きリファレンス 項目一覧

AutoMateとは 

Webブラウザ

EXCEL

Loop

条件分岐

例外

文字列・数値・式・関数

Email

ウィンドウ