AutoMate
逆引きリファレンス 項目一覧

AutoMateとは 

Webブラウザ

EXCEL・CSV

Loop

条件分岐

例外

文字列・数値・式・関数

フォルダ・ファイル

Email

ウィンドウ

アプリケーション操作

マウス・キーボード

画像

ダイアログ

Plus/Ultimate版

トリガー

ページURLを取得する

現在開いているWebページのURLを取得したいときは、「Webブラウザ -URLの取得」アクションを使用します。
セッション名からURLを取得するため、セッションを用いたWebブラウザ操作を行っている必要があります。
※Webブラウザアクションには、「Webブラウザ」と「Webブラウザ(従来)」の2種類があります。
※「Webブラウザ(従来)」ではInternet Explorerのみ使用可能です。

「Webブラウザ -ブラウザを開く」アクションでは以下のように設定します。
・[セッション名]
ブラウザセッション名を指定

・[変数にセッションのアクティブURLを設定する]
指定したセルの値を格納する変数を指定
※事前に「変数 -作成」アクションにて変数を作成しておきます。

【サンプルコード】
Internet Explorerで三和コムテックのAutoMateデモサイトを開きボタンをクリック、開いたページのURLを取得しダイアログに表示するサンプル

<AMVARIABLE NAME="var_1" VALUE="" />
<AMWEBBROWSER URL="https://www.sct.co.jp/amdemo/" SESSION="BrowserSession1" />
<AMWEBBROWSER ACTIVITY="click" HTMLTAG="A" USEMATCH="2" SESSION="BrowserSession1" WAIT="YES" />
<AMWEBBROWSER ACTIVITY="get_url" SESSION="BrowserSession1" RESULTVARIABLE="var_1" />
<AMSHOWDIALOG>現在開いているページのURLは
%var_1%
です。</AMSHOWDIALOG>
<AMWEBBROWSER ACTIVITY="close" SESSION="BrowserSession1" />

 

Knowledge記事検索

AutoMate
逆引きリファレンス 項目一覧

AutoMateとは 

Webブラウザ

EXCEL

Loop

条件分岐

例外

文字列・数値・式・関数

Email

ウィンドウ