AutoMate
逆引きリファレンス 項目一覧

AutoMateとは 

Webブラウザ

EXCEL・CSV

Loop

条件分岐

例外

文字列・数値・式・関数

フォルダ・ファイル

Email

ウィンドウ

アプリケーション操作

マウス・キーボード

画像

ダイアログ

Plus/Ultimate版

トリガー

ファイルの拡張子を取得する

ファイルの拡張子を取得するには「ファイルシステム -情報の取得」アクションを使用する方法と、「テキスト -パスの書式設定」アクションを使用する方法があります。
これらのアクションを使用することで、ファイルの拡張子を取得することができます。

「ファイルシステム -情報の取得」アクションを使用する際は、以下のように設定します。

・[ファイル]を選択

・[ソース]
拡張子を取得したいファイルのフルパスを指定

・[結果を変数に設定する]
設定の結果を格納する変数を指定
※事前に「変数 -作成」アクションにて変数を作成しておきます。

・[拡張子]を選択

【サンプルコード】
指定されたファイルの拡張子を変数「var_1」に格納するサンプル

<AMVARIABLE NAME="var_1" VALUE="" />
<AMFILESYSTEM ACTIVITY="get" SOURCE="C:\Users\Administrator\Desktop\automate_demo.txt" RESULTVARIABLE="var_1" FILEPROPERTY="extension" />

また、「テキスト -パスの書式設定」アクションを使用する際は以下のように設定します。
・[パス]
拡張子を取得したいファイルのフルパスを指定
・[ファイルの拡張子を取得する]を選択
・[結果を変数に設定する]
設定の結果を格納する変数を指定
※事前に「変数 -作成」アクションにて変数を作成しておきます。

【サンプルコード】
指定されたパスから拡張子のみを取得し変数「var_1」に格納するサンプル

<AMVARIABLE NAME="var_1" VALUE="" />
<AMTEXT ACTIVITY="path" PATH=" C:\Users\Administrator\Desktop\automate_demo.txt" PATHACTION="extension" RESULTVARIABLE="var_1" />

Knowledge記事検索

AutoMate
逆引きリファレンス 項目一覧

AutoMateとは 

Webブラウザ

EXCEL

Loop

条件分岐

例外

文字列・数値・式・関数

Email

ウィンドウ