AutoMate
逆引きリファレンス 項目一覧

AutoMateとは 

Webブラウザ

EXCEL・CSV

Loop

条件分岐

例外

文字列・数値・式・関数

フォルダ・ファイル

Email

ウィンドウ

アプリケーション操作

マウス・キーボード

画像

ダイアログ

Plus/Ultimate版

トリガー

デフォルトユーザーを指定する

AutoMateのサーバー版(Plus/Ultimate版)の自動処理タスクを実行する際に使用するユーザーを、
複数エージェント共通でデフォルト指定したい場合、管理コンソールでデフォルトユーザーを設定します。
デフォルトユーザーの設定はファイルシステムコンディションやタスクログオン等に使用することが可能です。

デフォルトユーザーを指定する場合は、以下のように設定します。
1.AutoMate Enterprise 11 管理コンソールの下部「オプション」タブを選択します。
2.左部のペインから「サーバー」配下「デフォルトプロパティ」を選択します。
3.「タスクエージェントプロパティのデフォルト設定」から「デフォルト ユーザー」をダブルクリックします。

設定画面にてユーザー名、パスワード、ドメイン名/マシン名を設定します。
必ずドメイン名/マシン名まで指定してください。
ドメイン名/マシン名が入力前にグレーアウトしている場合、ユーザー名を入力するとアクティブ(入力可能)になります。

Knowledge記事検索

AutoMate
逆引きリファレンス 項目一覧

AutoMateとは 

Webブラウザ

EXCEL

Loop

条件分岐

例外

文字列・数値・式・関数

Email

ウィンドウ