AutoMate
逆引きリファレンス 項目一覧

AutoMateとは 

Webブラウザ

EXCEL・CSV

Loop

条件分岐

例外

文字列・数値・式・関数

フォルダ・ファイル

Email

ウィンドウ

アプリケーション操作

マウス・キーボード

画像

ダイアログ

Plus/Ultimate版

トリガー

デフォルトエージェントを指定する

AutoMateのサーバー版(Plus/Ultimate版)で、デフォルトエージェントを指定するには、管理コンソールからタスク実行時のデフォルトの実行環境(ボット)を指定することで設定可能です。

デフォルトエージェントを指定する場合は、以下のように設定します。
1.AutoMate Enterprise 11 管理コンソールの下部「オプション」タブを選択します。
2.左部のペインから「サーバー」配下「デフォルトプロパティ」を選択します。
3.「ワークフロープロパティのデフォルト設定」から「デフォルト エージェント」をダブルクリックします。

プルダウンから「デフォルトエージェント」に設定したい実行環境(ボット)を選択します。

Knowledge記事検索

AutoMate
逆引きリファレンス 項目一覧

AutoMateとは 

Webブラウザ

EXCEL

Loop

条件分岐

例外

文字列・数値・式・関数

Email

ウィンドウ