AutoMate
逆引きリファレンス 項目一覧

AutoMateとは 

Webブラウザ

EXCEL

Loop

条件分岐

例外

文字列・数値・式・関数

Email

ウィンドウ

アプリケーション操作

マウス・キーボード

シートを追加する

EXCELファイルにシートを追加するときは、「Excel -ワークシートの追加」アクションを使用します。
このアクションを使用することで、Excelファイル内に新しいシートを追加することが可能です。

「Excel -ワークシートの追加」アクションでは以下のように設定します。
※事前に「Excel – ブックを開く/作成する」アクションにてセッションを作成しておくことで、セッション名を指定するだけで開くEXCELファイルを指定することが可能です。

・[シートタイプ] → [ワークシート]

・[ワークシート名]
任意のワークシート名を指定

以下のラジオボタンで新しいシートをどこに挿入するかを選択できます。
・[アクティブなワークシートの前にワークシートを挿入する]
ブック起動時にアクティブになっているワークシートの前に挿入する
・[末尾にワークシートを追加する]
新しいワークシートを既存のワークシートの末尾に追加にする

【サンプルコード】

<AMEXCEL ACTIVITY="add_worksheet" WORKBOOK="C:\Users\Administrator\Desktop\excelfile_1.xlsx" WORKSHEETNAME="Sheet2" LASTWORKSHEET="YES" />

 

Knowledge記事検索

AutoMate
逆引きリファレンス 項目一覧

AutoMateとは 

Webブラウザ

EXCEL

Loop

条件分岐

例外

文字列・数値・式・関数

Email

ウィンドウ