AutoMate
逆引きリファレンス 項目一覧

AutoMateとは 

Webブラウザ

EXCEL・CSV

Loop

条件分岐

例外

文字列・数値・式・関数

フォルダ・ファイル

Email

ウィンドウ

アプリケーション操作

マウス・キーボード

画像

ダイアログ

Plus/Ultimate版

トリガー

ひらがなからカタカナに変換する

ひらがなからカタカナに変換するには、StrConv関数を使用します。
この関数を使用することでひらがなの文字をカタカナに変換することが可能です。

カタカナへ変換するStrConv関数は以下のように設定します。
「%StrConv(変換したいひらがな文字列が格納されている変数(文字列), vbKatakana)%」

※関数内に直接文字列を入力する場合は、「""」で囲う必要があります。
例:%StrConv("あいうえお", vbKatakana)%

下記のURLの記事もご参照ください。
■半角英数字を全角英数字に変換したい
https://automate.sct.co.jp/knowledge/1163/

【サンプルコード】
変数「var_Text」のひらがな文字を、カタカナ文字へ変換したものをダイアログに出力するサンプル

<AMVARIABLE NAME="var_Text" VALUE="あいうえお" />
<AMSHOWDIALOG>文字列「%var_Text%」をカタカナに変換した
結果は
「%StrConv(var_Text, vbKatakana)%」
です</AMSHOWDIALOG>

 

Knowledge記事検索

AutoMate
逆引きリファレンス 項目一覧

AutoMateとは 

Webブラウザ

EXCEL

Loop

条件分岐

例外

文字列・数値・式・関数

Email

ウィンドウ