CSVファイルを作成する

Excelなどから取得した値(データセット)からCSVファイルを作成する場合は、「ファイルシステム – データセットからCSV」アクションを使用します。 このアクションを使用することで、指定したデータセットを基にCSVフ

CSVファイルを読み込む

CSVファイルを読み込んでデータセットに値を格納するためには、「ファイルシステム – CSVからデータセット」アクションを使用します。 このアクションを使用することで指定したCSVファイルを読み込み、取得した値をデータセ

セルに値を入力する

EXCELファイル内の特定のセルを指定して値を設定するときは、「Excel -セルの設定」アクションを使用します。 このアクションを使用することで、Excelファイル内に値を設定することが可能です。 「Excel -セル

列の値を取得する

EXCELの特定の列から値を取得するときは「Excel -セルの取得」アクションを使用します。 列の設定は「Excel – セルの取得」アクションのプロパティ内で行います。 行の設定方法については以下のURLをご参照くだ

行に値を入力する

EXCELファイルの特定の列のセルに値を入力するときは、「Excel – セルの設定」アクションを使用します。 「Excel – セルの設定」アクションのプロパティ内でEXCELファイルおよび値を入力したいセルの列を指定

列に値を入力する

EXCELファイルの特定の列のセルに値を入力するときは、「Excel – セルの設定」アクションを使用します。 「Excel – セルの設定」アクションのプロパティ内でEXCELファイルおよび値を入力したいセルの列を指定

シートを追加する

EXCELファイルにシートを追加するときは、「Excel -ワークシートの追加」アクションを使用します。 このアクションを使用することで、Excelファイル内に新しいシートを追加することが可能です。 「Excel -ワー

シートを移動する

EXCELファイルにシートを移動するときは、「OpenDocumentスプレッドシート -ワークシートの移動」アクションを使用します。 このアクションを使用することで、特定のワークシートを移動させることが可能です。 「O

シートを削除する

EXCELファイルにシートを削除するときは、「OpenDocumentスプレッドシート -ワークシートの削除」アクションを使用します。 このアクションを使用することで、Excelファイル内の任意のシートを削除することが可

行の値を取得する

EXCELの特定の行から値を取得するときは「Excel -セルの取得」アクションを使用します。 行の設定は「Excel – セルの取得」アクションのプロパティ内で行います。 列の設定方法については以下のURLをご参照くだ