マクロを実行する

Excelのマクロを実行するには、「Excel- マクロの実行」アクションを使用します。 このアクションを使用することで、既存のExcelマクロ実行しその結果を指定したファイルに保存することが可能です。 「Excel -

列を削除する

EXCELに列を削除するには「OpenDocumentスプレッドシート- 行/列の削除」アクションを使用します。 このアクションを使用することで、特定の列を削除することが可能です。 「OpenDocumentスプレッドシ

行を削除する

EXCELに行を追加するには「OpenDocumentスプレッドシート- 行/列の削除」アクションを使用します。 このアクションを使用することで、特定の行を削除することが可能です。 「OpenDocumentスプレッドシ

列を追加する

EXCELに行を追加するには「OpenDocumentスプレッドシート- 行/列の挿入」アクションを使用します。 このアクションを使用することで、列を追加することが可能です。 行の追加方法については以下のURLをご参照く

行を追加する

EXCELに行を追加するには「OpenDocumentスプレッドシート- 行/列の挿入」アクションを使用します。 このアクションを使用することで、行の追加をすることが可能です。 列の追加方法については以下のURLをご参照

シートの名前を変更する

EXCELファイルのシートの変更をするときは、「OpenDocumentスプレッドシート- ワークシートの名前の変更」アクションを使用します。 このアクションを使用することで、特定のワークシートの名前を変更することが可能

データセットの最終行を取得する

データセットの最終行を取得するには、「Excel -セルの取得」アクション等でデータセットを取得、 データセットの行数を取得する関数「Dataset.TotalRows」を使用し、最終行の行数を取得し変数に格納します。

データセットの開始行を取得する

データセットの開始行を取得するには、「Excel -セルの取得」アクション等でデータセットを取得後、 「%データセット名(1).列名%」と指定することでデータセットの1行目の値を指定することが可能です。 ※データセットに

CSVファイルを作成する

Excelなどから取得した値(データセット)からCSVファイルを作成する場合は、「ファイルシステム – データセットからCSV」アクションを使用します。 このアクションを使用することで、指定したデータセットを基にCSVフ

CSVファイルを読み込む

CSVファイルを読み込んでデータセットに値を格納するためには、「ファイルシステム – CSVからデータセット」アクションを使用します。 このアクションを使用することで指定したCSVファイルを読み込み、取得した値をデータセ