値で分岐する(select文)

値で処理を分岐するには「Select」アクションを使用します。 このアクションを使用することで、特定の条件に従って処理を分岐させることが可能です。 例えば変数var_1 に格納される値によって処理を変えるときには、 「S

条件で分岐する(if、else、else if文)

条件で処理を分岐するには「If -条件式」アクションを使用します。 このアクションを使用することで、条件分岐の処理を行うことが可能です。 例えば変数var_1 に格納される値が1のときの条件は「If – 条件式」アクショ