処理をタイムアウトする

AutoMateのタスクで処理をタイムアウトさせて停止するときは、 アクションプロパティ内の[エラーの原因]タブにて設定します。 この設定を行うことで該当のアクションを指定した時間でタイムアウトさせることができます。 [

処理をリトライする

AutoMateのアクションの処理がエラーになった際にリトライさせるには、 アクションプロパティ内の[エラー時]タブにて設定します。 この設定を行うことで該当のアクションを指定した時間と回数でリトライさせることができます

エラー時の処理

[エラー時]タブ内の[次のエラー処理を実行します]で[追加]ボタンをクリックし、 表示される「Edit Error Action」ウィンドウ内[エラーアクション]プルダウンの項目から設定します。 エラー時の処理方法として

エラー後の処理

エラー時の処理はアクションプロパティの[エラー時]タブ内[エラーイベントの後]より設定します。 エラー後の処理方法として、以下の処理を選択することが可能です。 ・[タスクを停止する] 該当のステップにてエラーが発生した後