トリガー実行のタスクを手動停止する(Desktop版)

AutoMate Desktop版には、トリガー実行時及びタスクアドミニストレーターからの管理タスク実行時、3通りのタスク停止方法があります。 1.インジケーターからタスクを停止する タスク実行時に右下に表示されるインジ

タスクのログオン設定をする(Plus/Ultimate版)

タスクのログオン設定をする(Plus/Ultimate版)には、管理コンソールから設定します。 タスクのログオン設定を行うことで、タスクの実行ユーザーやロック/ログオフ時に自動ログオンさせるユーザーの指定が可能です。 P

タスクのログオン設定をする(Desktop版)

タスクのログオン設定をする(Desktop版)には、タスクアドミニストレーターから設定します。 タスクのログオン設定を行うことで、タスクの実行ユーザーやロック/ログオフ時に自動ログオンさせるユーザーの指定が可能です。 タ

ファイルシステムトリガーを設定する

特定のフォルダに変更が加わった際にタスクを起動させるには、ファイルシステムトリガーを設定します。 ※トリガーの設定方法については、トリガー/コンディションの設定をご参照ください。 ■トリガー/コンディションの設定 htt

Emailトリガーを設定する(スケジュール)

Emailトリガー非対応のメールサーバー(POP/IMAP等)にて、特定のEmailを受信したことを条件にタスクを起動させるためには「スケジュール」トリガーを選択します。 ※トリガーについては、トリガー/コンディションの

Emailトリガーを設定する

特定のEmailを受信したことを条件にタスクを起動させるためには、「Email」トリガーを指定します。 ※トリガーの設定方法については、トリガー/コンディションの設定をご参照ください。 https://automate.