ご案内|ハイパーオートメーションの一例としてAutoMateが紹介されています ~i Magazineサイト

i Magazineサイトの10月29日付け記事「Withコロナのための次世代自動化コンセプト ~ハイパーオートメーション、IBMのDynamic Delivery」の中で、AutoMate 11.4の機械学習連携機能が、ハイパーオートメーションの好例として紹介されています。

AutoMateは、10月1日リリースのバージョン11.4で、マイクロソフトの機械学習ライブラリ「ML.NET」と連携する機能を搭載しました。AutoMateからML.NETへデータを渡すと、ML.NET側で「分類・カテゴリ化」「異常検出」「推奨」などの処理を行い、その結果をAutoMateへ返す仕組みです。AutoMateの適用範囲を拡張する機能であるとともに、AutoMateの今後の可能性を大きく広げる機能強化です。

i Magazineサイトの記事はこちら

AutoMate Portalの記事はこちら

Knowledge記事検索

Knowledge

News・Information