メニュー

RPAの重要機能、MLボット・AIボット|AutoMate View

RPAの用途

 

すべてのビジネスには手動で行う反復的なプロセスがあり、戦略的な作業に費やすべき貴重な時間を消費してしまいます。こうした時にRPAの適用が役立ちます。RPAは、それら手動のプロセスとその他のプロセスを有用なソフトウェアボットに引き渡し、効率、精度、生産性を向上させることができます。

 

有人自動化と無人自動化

 

RPAには2つの主なアプローチがあります。「有人自動化」と「無人自動化」です。ワークフローの変換や自動化のプロセスに関しては、どちらのタイプの自動化も重要であり、企業はニーズに応じて1つのタイプまたは組み合わせを使用できます。

有人自動化RPAによるソフトウェアボットは、人と協力して日常のタスクを容易にします。この場合は、人がボットに命令してタスクを実行させるため、プロセスに人の介入が必要です。

無人自動化ボットはバックグラウンドで動作し、フォルダーに追加されるファイルなどのアクションによってトリガーされ、大量のデータと情報を管理します。無人自動化は、ファイル転送やデータベース処理などのプロセスの合理化のために使用されます。

 

RPAの機能

 

RPAの機能と組み合わせの可能性は無限です。以下は、それを可能にするRPAの最も重要な機能の一部です。

 

コードなしの自動化

 

RPAはすべて、プロセスを効率化し手動作業にかかる負荷を軽減するものです。自動化のために手動でコードを作成する代わりに、RPAソリューションにはコード不要の自動化機能が必要です。

コードが不要ということは、低品位という意味ではありません。RPAツールは、シームレスな自動化開発と複雑なプロセスを処理するための堅牢な機能を備えています。ドラッグ&ドロップのスタイルで行えるボットの開発機能は、その最も重要な機能です。また、この機能を十分に備えているRPAツールを選定する必要があります。

 

アプリケーション統合

 

企業は、ビジネス/業務をスムーズに実行するために、多数のビジネスアプリケーションを使用しています。ただし、これらのアプリケーションが相互に連携できないと、ビジネスのスピードは落ち、効率が低下します。

RPAソリューションは、最新の業務アプリケーションでもレガシーアプリケーションでも重要なアプリケーションを統合し、連携させ、接続できます。さらに、トリガー機能のようなネイティブAPI接続機能を備えたRPAツールにより、アプリケーション接続がさらに容易になります。トリガー機能は、RPAツール選定の1つの重要なポイントになります。

 

ダッシュボード

 

自動化を駆使したシステムには、システムの稼働を簡単に監視・管理できる方法が必要です。ダッシュボードを備えたソリューションは、システムアクティビティの概要を示し、システムのエラーメッセージを表示し、重要な問題を見える化して管理します。

 

セキュリティと監査

 

重要なビジネスアプリケーションの運用には、セキュリティとコンプライアンスを簡単に維持できる機能が重要です。これには、ユーザーアクセス制御、権限設定、パスワードボールト、カスタムログ、変更履歴、通知が含まれます。こうした機能を備えたRPAの選定が不可欠になります。

 

MLボット・AIボット

 

自動化の次の波は、機械学習(ML)やAIなどとの連携や取り込みです。「MLボット」とか「AIボット」と呼ばれる世界です。このMLボットやAIボットの目標は、より高度で複雑な作業を的確に処理し、ビジネスにおける意思決定を強靭化することです。MLボットやAIボットは、複雑なデータの入力や抽出などのタスクを正確に処理し、人が行う意思決定よりも何倍もの速さでアウトプットを実現します。

[AutoMate Portal]

Knowledge記事検索

Knowledge

News・Information