新バージョン AutoMate 11.2をリリース!

AutoMateの新バージョン 11.2をリリースしました。

デスクトップ版のAutoMate ProfessionalとAutoMate Premium、サーバー版のAutoMate Enterpriseのすべてのエディションで、新バージョンがリリースされています。

 

新バージョン 11.2 ダウンロードのご案内

 

AutoMate保守契約をご締結のお客様は、本サイト(AutoMate Portal)のユーザーページよりダウンロードしていただけます。

ページ上部のメニューから、「ログイン」→「ダウンロード」→「Module」とお進みください。

 

デスクトップ版のバージョンアップ手順

 

AutoMate ProfessionalとAutoMate Premium用の「バージョンアップ手順書」をダウンロードしていただけます。

こちらをクリックしてください。

 

サーバー版のバージョンアップ手順

 

AutoMate Enterprise用の「バージョンアップ手順書」をダウンロードしていただけます。

こちらをクリックしてください。

 

サーバー版の日本語パックの適用手順

 

AutoMate Enterprise用の「日本語パック適用手順書」ダウンロードしていただけます。

こちらをクリックしてください。

 

試用版をご希望のお客様へ

 

AutoMate の試用版をお使いのお客様で、新バージョンの試用をご希望のお客様は、automate@sct.co.jp までご連絡ください。

 

 

AutoMate 11.2の新機能

 

AutoMate 11.2の新機能は以下のとおりです。

 

Webブラウザアクションの強化 ~ Google Chromeの新規サポート

Pro/Premium/Enterprise版共通

 

AutoMateでは、WebブラウザアクションのHTMLハンドリング機能によりWebサイトを操作する機能を提供していますが、サポート中のInternet ExplorerとFirefox(日本語非対応)に加えて、利用が急増しているGoogle Chromeのサポートが追加されます。

 

対話機能アクション(クライアントアプリケーションUIのオブジェクト操作)の強化

Pro/Premium/Enterprise版共通

 

AutoMateの対話機能アクションを使うことによって、現在、クライアントアプリケーションUIのオブジェクト(ボタン、テキストボックスおよび表示項目など)の操作と情報取得が可能ですが、新バージョンではこの機能が強化されています。

従来使用していた1世代前のWindows APIから最新のAPIに対応したことによって、操作可能なクライアントアプリケーションが大きく広がりました。

 

負荷分散機能の改善

Enterprise版

 

Enterprise版のAgent(実行環境)の負荷分散機能に、「CPU負荷の最も低いAgentで実行する」オプションが追加されます。

 

暗号化機能の強化

Pro/Premium/Enterprise版共通

従来のAutoMateではファイル単位の暗号化のみサポートされていましたが、新バージョンでは文字列および変数値の暗号化もサポートされます。

 

Knowledge記事検索

Knowledge

News・Information