帳票振り分け管理◎AI画像認識ソリューションと連携し、紙帳票の自動振り分けを実現 |AutoMateソリューションガイド

AIによる帳票振り分け管理が求められる背景・理由

 

紙の帳票やFAX受信した帳票のデータを業務システムへ入力するには、その前作業として、帳票の識別や仕分け、データの確認が必要になります。

最近、AI機能搭載のOCRによって帳票を読み取り、業務システムへの入力を効率化する動きが広がりつつありますが、それをスムーズに行うには、帳票の仕分けが必要です。

これらの業務を手作業で行うと大変な労力がかかりますが、最近、AI技術を活用した帳票仕分けソリューションが登場しています。

BPA2(Business Process Automation 2)は、AI画像認識技術を活用した帳票仕分けシステムで、検証済みのOCR(AnyForm OCR)やAutoMateと組み合わせて使用することで、帳票業務全体を自動化できます。

帳票の読み取り作業から業務システムへの入力作業まで一貫した作業を自動化でき、業務効率化・生産性向上に貢献します。

 

BPA2の機能とソリューション

 

BPA2は、FAXで受信した帳票データ(画像イメージ)を読み取って画像解析し、設定に従って自動的に仕分けるソリューションです。紙の帳票も、複合機でスキャニングしてイメージ化すれば、画像解析し自動仕分け可能です。

BPA2で自動仕分けしたデータ(画像データ)は、さらにAnyForm OCRなどのOCRシステムに送ってテキストデータ化し、AutoMateへ連携させることができます。

BPA2は、帳票処理自動化の入口となるソリューションです。

BPA2を利用するメリット

 

(1)どのようなタイプの帳票も自動仕分け

BPA2は、AI画像認識技術を活用するため、帳票のフォーム形式がどのようなタイプでも認識し、仕分けることができます。

(2)正確性・効率化・処理スピードが向上

BPA2は、手作業による帳票仕分けと比べて、正確で、かつ仕分け作業の時間を短縮できます。大幅な効率化が実現します。

 

こんな方にオススメ!

 

・煩雑な帳票仕分け作業を効率化したいお客様

・帳票仕分け作業の正確性とスピードを向上させたいお客様

・帳票の取り込み~業務システムへの入力の一連の帳票業務全体を自動化し、効率化したいお客様

 

・・・・・・・・

AutoMateソリューションガイド CONTENTS 

 

・Web-EDI自動化 ◎データの取得から保存まで、Web-EDI操作を自動化

・Webデータベース連携 ◎顧客情報・案件情報・・・Excelの多様なデータを一元管理

・音声データ連携 ◎日報や会議の発言・・・音声を認識してシステム連携・データ保存

・IT資産管理 ◎IT資産管理ツールを補完し、自動化や管理を強化・拡充

・名刺データ/コンタクト履歴管理 ◎日報からデータを自動抽出し名刺管理システムへ移行・保存

・RPAロボット管理 ◎ロボットのライフサイクル/稼働状況を管理、野良ロボットを抑制

・帳票振り分け管理 ◎AI画像認識ソリューションと連携し、紙帳票の自動振り分けを実現

・AI OCR連携 ◎FAXやメール受信の受発注データなどをAI OCRで読み取り、基幹システム連携

・クラウド型AI OCR連携 ◎AI OCR-RPA連携を低コストで実現、スモールスタートが可能

・業務可視化ツール ◎PC操作の情報を取得し、RPA化すべき手順を可視化、RPA化の効果測定も

Knowledge記事検索

Knowledge

News・Information