IT資産管理◎IT資産管理ツールを補完し、自動化や管理を強化・拡充 |AutoMateソリューションガイド

IT資産管理ツールが求められる背景・理由

 

情報システムやITデバイスを使って業務を行うことが企業のすみずみにまで浸透している現在、それらの管理を厳密かつ効率的に行うことは、業務をスムーズに進める上できわめて重要になっています。また、エンドユーザーが使用するPCやデジタル端末は、企業の基幹システムへの入口ないし出口になるので、セキュリティ対策の観点でも、その管理が重要性を増しつつあります。

市場では、こうした多面的な管理ニーズに応えるツールとして、IT資産管理ツール/サービスが登場しています。

IT資産管理ツール/サービスの主な機能は、次の通りです。

・資産管理
・デバイス管理
・操作ログ管理
・セキュリティ管理
・レポーティング
・ソフトウェア資産管理
・ライセンス管理

これだけの機能を使いこなせばIT資産管理は万全なように思えるかもしれませんが、実際は、ユーザーの個々のニーズを満たすには不足する部分があるようです。

AutoMateは、IT資産管理ツールの活用で不足する部分を補い、さらに効率的な利用ができる自動化機能を提供します。

IT資産管理ツールとAutoMateをセットで検討すべき時期が来ているのです。

 

AutoMateによるIT資産管理ツールの機能拡張の仕組み

 

IT資産管理ツール/サービスは、システム上の各種リソース(PCなど)の構成情報や操作情報などを収集して一元的に管理し、基準や設定から外れるものについてアラートを出す機能を備えています。

ただしIT資産管理ツール/サービスは、各種通知やデータの集計、他システムとの連携などで限定的な機能しか持っていないため、ユーザーが求めるシステムを実現しようとする時、制約を受ける場合があります。

AutoMateは、IT資産管理ツール/サービスが収集したデータを受け取り、それを集計したり、他システムへ送信したり、あるいは最新のデータと過去のデータとの比較などIT資産管理ツール/サービスが備えていない機能を実現します。

さらに、PCの利用者とActive Directoryを紐づけたり、人事情報や契約情報と連携させることも可能です。

 

 

 

IT資産管理ツールとAutoMateを連携させるメリット

 

(1)IT資産管理ツール/サービスの機能を拡張して利用できる

IT資産管理ツール/サービスがカバーしていない機能を、AutoMateによる自動化の作り込みにより、より柔軟で効率的なIT資産管理が行えるようになります。

(2)既存の運用管理ツール/システムとの連携を実現する

AutoMateでは、たとえばActive Directoryなどの既存の運用管理システムとの連携が容易です。これにより、IT資産管理システムを全社の運用管理システムと連携させ、統合的に管理することが可能になります。

 

 

こんな方にオススメ!

 

・IT資産管理ツールの標準機能に加えて、さらに機能的に使いたいお客様

・IT資産管理業務の自動化を強化されたいお客様(集計業務、標準機能にないユーザーへのアラート、など)

 

・・・・・・・・

AutoMateソリューションガイド CONTENTS 

 

・Web-EDI自動化 ◎データの取得から保存まで、Web-EDI操作を自動化

・Webデータベース連携 ◎顧客情報・案件情報・・・Excelの多様なデータを一元管理

・音声データ連携 ◎日報や会議の発言・・・音声を認識してシステム連携・データ保存

・IT資産管理 ◎IT資産管理ツールを補完し、自動化や管理を強化・拡充

・名刺データ/コンタクト履歴管理 ◎日報からデータを自動抽出し名刺管理システムへ移行・保存

・RPAロボット管理 ◎ロボットのライフサイクル/稼働状況を管理、野良ロボットを抑制

・帳票振り分け管理 ◎AI画像認識ソリューションと連携し、紙帳票の自動振り分けを実現

・AI OCR連携 ◎FAXやメール受信の受発注データなどをAI OCRで読み取り、基幹システム連携

・クラウド型AI OCR連携 ◎AI OCR-RPA連携を低コストで実現、スモールスタートが可能

・業務可視化ツール ◎PC操作の情報を取得し、RPA化すべき手順を可視化、RPA化の効果測定も

Knowledge記事検索

Knowledge

News・Information