タスクビルダーにおいてアニメーションをOFFにするとステップの追加・移動作業がスムーズになる場合がある

本記事では、タスクビルダーにおける個人用設定について記述します。
(※タスクビルダーにおける設定の話であり、タスクそのものの動作に関係する話ではありません。)

タスクビルダーのデフォルト設定では、ステップをドラッグ&ドロップしたり既存ステップを別の場所にドラッグしたりした際に、既存ステップが移動するアニメーションがONになっています(図1参照)。
(図1. アニメーションがONの際にステップをドラッグ&ドロップした場合)

このアニメーションですが、タスクのステップ数が多くなってくるとドラッグする場所がずれた際に動作が重くなったり、間違った場所にさせてしまう元になったりする場合があります。
とりわけ、複数のステップをまとめて移動させる場合などはアニメーションの動き方が大きくなりやすい傾向にあります。

アニメーションが必要ない場合は、オフにすることが出来ます。
アニメーションをオフにした場合は、代わりにステップ挿入予定箇所が赤線で表示されます。
(図2. アニメーションをOFFにした場合)

こちらの設定に変更するには、以下の手順を実施します。
----------------------------------------------------
①タスクビルダー上部「ファイル」をクリック

②「オプション」をクリック
③「フォーマット」をクリック
④「ドラッグ中にステップをアニメーション化する」のチェックを外す
⑤「OK」で確定

----------------------------------------------------

ステップ追加時の動作を軽くしたいとお考えの方は、是非ともご検討ください。

Knowledge記事検索

Knowledge

News・Information