「Webブラウザ」アクションでChrome・Firefoxを利用するとシングルクォーテーション(')を含む文字列を入力できない

【質問】
Google Chrome、Firefox操作時、「Webブラウザ - 値の設定」アクションにてシングルクォーテーション「’」を含んだ文字列が入力欄に入力されない。
エラーは出力されず、正常にステップが終了してしまうが、実際には文字列が入力されていない。
ただし、操作対象ブラウザとしてChrome・Firefoxではなく、Internet Explorerを使用した場合は期待通り文字列が入力される。

回避方法は無いか。

【回答】
本事象はAutoMateの不具合(2020/11/30時点 AutoMate バージョン 11.4.0.65)です。

回避策は以下の通りです。

「Webブラウザ - 値の設定」アクションを以下のように編集します。
(1)アクションプロパティ内の「インタラクション」タブを展開し、
「設定する値のタイプ」を[テキスト]から[特定の属性]に設定します。

(2)[特定の属性]のプルダウンから[value]を選択します。

IBMi(AS/400, AS400)をご利用のお客様で、シングルクォーテーションを含むコマンドをChrome・Firefoxで実行したい場合は、ご不便をおかけしますがご注意ください。
なお本不具合は、今後のバージョンにて修正予定です。

Knowledge記事検索

Knowledge

News・Information