【Web版5250エミュレーターご利用のお客様へ】Javaのアップデートはお控えください

本記事は、Web版5250エミュレーターをご利用いただいているお客様に対する注意喚起となります。

Web版5250エミュレーターのためにJava 1.8を導入していると、Javaのアップデートを促すポップアップが出る場合があります。
その際は、「アップデートしない」を選ぶ、「x」で閉じる等して、アップデートの実施はお控えください。

アップデートを実施した場合、Apache Tomcatの設定で保持しているJavaの実体の場所が変化し、Web版5250エミュレーターが稼働しなくなります

以上の理由より、自動アップデート・または手動でのJavaのアップデートはお控えください。

Knowledge記事検索

Knowledge

News・Information