リモート環境に対するタスクファイル(.aml)のインポート・コピーがエラーになる

【質問】
AutoMate Desktop(またはAutoMate Premium, Runtime)を利用しています。
リモート環境にインストールされているAutoMateに対してローカルのAutoMateタスクアドミニストレーターからタスクファイル(.aml)ファイルのインポート・またはタスクのコピーを実施すると、エラーになり実行できません。
・ローカルのタスクファイルを指定してインポートしたとき

・タスクアドミニストレーター上で、ローカルのタスクをリモート環境にコピーしたとき

エラーメッセージ:
要求された操作のための'タスク名'に対して、AMLが無効であるか、または間違っています。

問題を解決し、リモート環境に対するインポートやタスクコピーを可能にするにはどうすればよいでしょうか?

【回答】
当該事象は「リモート環境のOSにおいて、どのWindowsユーザーもサインインしていない」状態下において発生します。
※厳密には、AutoMateのタスクを実行するユーザーのセッションでのみ起動するプロセス「AMEM.exe」(=AutoMate 11 Event Monitor)がどのユーザーのセッション配下でも起動していない条件下で発生します。

当該事象を回避するには、
A. 一度リモート環境に任意のWindowsユーザーでログオン(普段AutoMateのタスクを実行するユーザーなど)
B. ローカルのタスクアドミニストレーターからタスクのインポートを実施
の順に実行します。
なお、Aを実施したのちに当該環境からサインアウトし、どのユーザーもサインインしていない状態に戻ると再度インポート不可の状態に戻るためご留意ください。

Knowledge記事検索

Knowledge

News・Information