Windows 10のビルド1909へアップグレードする際の考慮点

AutoMate導入環境のOSをWindows10 バージョン1909にアップデート後、
AutoMateにおいて下記の事象が発生することが報告されております。

■弊社から提供しているハンズオンサンプル2における動作不具合
Windowsのコントロールパネルで「対話機能 - テキストの設定」アクションを使用した操作にて、
コントロールパネル右上部の[コントロールパネルの検索] 欄に
「対話機能 - テキストの設定」アクションで値を設定した際に以下1か2のいずれかの事象が発生し従来と異なる動作をします。

1.タスク実行時下記エラーメッセージが出力される
(a)アクセシビリティエンジンを[アクティブ]または[Internet Explorer]にした場合
エラーメッセージ:「呼び出しチェーンが別のASTAで開始されたか、別のASTAを経由したため、ASTAのCOM呼び出しがブロックされました。
この呼び出しパターンはデッドロックを起こしやすく、アパートメントの呼び出し制御によって許可されていません。」

(b)アクセシビリティエンジンを[Java]にした場合
エラーメッセージ:「要求された一連の条件に一致するオブジェクトはありません。」

2.エラーメッセージは出力されず次のステップへ進むが、検索欄に値を設定できない
アクセシビリティエンジンを[自動]または[UI Automation]にした場合発生します。

なお、本事象はWindows10 バージョン2004にアップデートすることで解消することを確認しております。

また、WindowsのOSをアップデートする際には以下のURLに記載された内容にご留意ください。
https://automate.sct.co.jp/knowledge/3107/

Knowledge記事検索

Knowledge

News・Information