操作対象のプロパティ値が変化する場合の対話機能の設定方法

【質問】
Javaで作成されたアプリの画面を操作するのに対話機能を使用したいのですが、値を入力したテキストボックスのプロパティ値(Class値)が起動毎に変化するため、「対象が見つからない」というエラーになります。
こういう場合どのように対処すればよいでしょうか。

【回答】
Class値の後ろのトークンが毎回変化しているものと思われます。その際には、「Class」のプロパティを編集し、トークン部分を*(アスタリスク)で総称指定に変更することで認識されるようになります。(例:CalassValue[a3a2179f-]の場合、ClassValue*に変更)

Knowledge記事検索

Knowledge

News・Information