四則演算の方法について

【質問】
AutoMateの処理で四則演算は可能でしょうか。
(足し算、引き算、掛け算、割り算)

【回答】
可能です。エクスプレッションビルダーから組み立てることができます。

具体的には、以下のようになります。
(「%」で囲まれた部分全体が式になります。そのため、計算式は全て「%」で囲う必要があります。)

■例1. 足し算(加算)
・「1 + 3」:%1 + 3%
・「3 + 1 + 5」:%3 + 1 + 5%
・「変数var_1 + 9」:%var_1 + 9%
・「変数var_2 + 変数var_3」:%var_2 + var_3%

■例2. 引き算(減算)
・「3 - 1」:%3 - 1%
・「変数var_1 - 9」:%var_1 - 9%
・「変数var_2 - 変数var_3」:%var_2 - var_3%

■例3. 掛け算(乗算)
・「3 x 1」:%3 * 1%
・「変数var_1 x 9」:%var_1 * 9%
・「変数var_2 x 変数var_3」:%var_2 * var_3%

■例4. 割り算(除算)
ゼロ「0」で割り算を行うとタスク実行エラー「Unhandled script error: Divide by zero.」になります。
・「3 ÷ 1」:%3 / 1%
・「変数var_1 ÷ 9」:%var_1 / 9%
・「変数var_2 ÷ 変数var_3」:%var_2 / var_3%

■例5. 複合
・「15 - 3 x 2」:%15 - 3 * 2%
・「変数var_1 + 変数var_2 ÷ (変数var_3 - 変数var_4)」:%var_1 + var_2 / (var_3 - var_4)%

以下、サンプル(スクリプト部分をタスクビルダーに貼り付けを行うとそのままタスクとして利用可能)

<AMVARIABLE NAME="var_1" VALUE="33" TYPE="number" />
<AMVARIABLE NAME="var_2" VALUE="20" TYPE="number" />
<AMVARIABLE NAME="var_3" VALUE="9" TYPE="number" />
<AMVARIABLE NAME="var_4" VALUE="4" TYPE="number" />
<AMSHOWDIALOG>計算結果は以下の通り
・「変数var_1 + 9」:%var_1 + 9%
・「変数var_2 + 変数var_3」:%var_2 + var_3%
・「変数var_2 - 変数var_3」:%var_2 - var_3%
・「3 x 1」:%3 * 1%
・「変数var_1 x 9」:%var_1 * 9%
・「変数var_1 ÷ 9」:%var_1 / 9%
・「変数var_2 ÷ 変数var_3」:%var_2 / var_3%
・「15 - 3 x 2」:%15 - 3 * 2%
・「変数var_1 + 変数var_2 ÷ (変数var_3 - 変数var_4)」:%var_1 + var_2 / (var_3 - var_4)%</AMSHOWDIALOG>

Knowledge記事検索

Knowledge

News・Information