AutoMateがオブジェクトを見つけられないエラー

【質問】
Web画面を操作する際、「対話機能-押す」を実行後AutoMateがオブジェクトを見つけられないエラーが発生します。
対応方法について教えてください。

【回答】
下記のいずれかの手順で回避可能です。
方法1. 以下を確認します。
1. 実際のIE画面に該当のボタンが表示されているかを確認します。
2. IE画面でリンクをクリックしてから該当のボタンが表示されるまでにタイムラグがないかを確認します。(ある場合は「wait」アクションを追加し、実行間隔をあけます。)
3. 実行時に対象のIE画面が最小化されていないか(されている場合はフォーカス後に「押す」操作を挿入します。)

方法2. 方法1で解決しない場合座標を使い自動化操作を実装します。
1. 対象IEウィンドウをフォーカスします。
2. 対象IEウィンドウを左端に寄せます。
3. 対象IEウィンドウを一定サイズにします。
4. マウスを動かす座標を指定します。
5. 500ミリ秒待機させます。
6. マウスを左シングルクリックさせます。

方法3.方法1,2を行わずInternetExplorerの設定を行う方法
(AutoMateが稼動するパソコンで設定してください)
1.Internet Explorerのインターネットオプションを開きます。
2.「セキュリティ」タブ→「信頼済みサイト」ゾーンを選択し「サイト」をクリックします。
3.「このゾーンはhttpsを使用する」のチェックを外します。
4.Web版エミュレーターのURL(IPアドレスまたはホスト名)を入力し「追加」をクリックします。
5.「閉じる」をクリックします。
6.「信頼済みサイト」ゾーン下部の「保護モードを有効にする」にチェックを入れます。
7.「インターネット」ゾーンを選択し、6と同様に「保護モードを有効にする」にチェックを入れます。
8.設定を適用し、Internet Explorerを全て閉じた後、Web版エミュレーターを起動します。

Knowledge記事検索

Knowledge

News・Information