エラー:オートメーションオブジェクトを作成できませんでした

【対象アクション】
Webブラウザ - 開く

【エラー内容】
オートメーションオブジェクトを作成できませんでした
(英語表記:Automation Object could not be created)

【想定される原因】
AutoMateのアクションでInternet Explorerを起動した後、ブラウザを閉じてもバックグラウンドでInternet Explorerのプロセスが残っている場合に発生

【対処方法】
1. Webブラウザ - 開くの前に、「iexplore.exe*」のプロセスを終了させる方法
  「プロセス - 終了」アクションにおいて、プロセス名に「iexplore.exe*」を指定し
  プロセスのインスタンス・・・には「すべて」を指定
  「プロセスを終了する前に[閉じる]メッセージを送信する」のチェックを外す
 次に、「エラー時」タブにて、「エラーアクションの後」を「次のステップに進む」にチェックを入れる
 (終了対象のプロセスが無かった場合に実行エラーになるため)
ただし、注意点としてすでにIEが開かれている場合も問答無用でkillされてしまうため
「これを実行する時点で開かれているべきIEは何もない」という前提のもと行う必要がある

2. リトライ設定を追加することで回避
該当アクションの「エラー」タブから「ステップをリトライする」にチェックを入れる。
「10」回数、一時停止「2000」試行の間にミリ秒…に設定する。

Knowledge記事検索

Knowledge

News・Information