AutoMate Enterprise(サーバー版)のバックアップについて

【質問】
AutoMateのデスクトップ版では、「バックアップと復元」のメニューから
タスクのバックアップおよび復元が可能であったが、サーバー版のメニューに同様の記述が見当たらない。
サーバー版の場合は、何をどのように取得すればバックアップの取得および復元が可能か?

【回答】
AutoMate Enterprise(サーバー版)では、リポジトリDBとなっているSQL Serverのデータベースをバックアップすることで
各種タスク・設定値などのバックアップが可能です。
各種情報は全てDBに保管されているため、各種タスクの情報はAgentのローカルファイルでは保持しておらず、DBの他のファイルなどを
バックアップする必要はありません。
また同様に、バックアップしたSQL ServerをSQL Server Management Studioから復元することで、AutoMateのバックアップの復元が可能です。

また、自動で定期的に取得する際は、SQL Server Management Studioからバックアップ処理を
スクリプト化したものを呼び出すバッチをタスクスケジューラーで実行することで可能です。

以下、一例です。
---------------------------------バックアップ処理:ファイル名:BackupAMRepoDB.sql---------------------------------
BACKUP DATABASE [AMEnterprise11] TO DISK = N'C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL12.SQLEXPRESS\MSSQL\Backup\AMEnterprise11.bak' WITH NOFORMAT, NOINIT, NAME = N'AMEnterprise11-完全 データベース バックアップ', SKIP, NOREWIND, NOUNLOAD, STATS = 10
GO
---------------------------------バックアップ処理:ファイル名:BackupAMRepoDB.sql---------------------------------

---------------------------------バックアップ実行バッチ:ファイル名:BackupSQLDB.bat---------------------------------
REM 対象のデータベースインスタンスを指定
set SQLServerName=AUTOMATEDEMO2\SQLEXPRESS
set User=sa
set Password=パスワード
REM バックアップスクリプトを指定
set SQLScript=c:\TMP\BackupSQLDBAutoMateBPA2.sql
REM ログファイルを指定
set Logfile=c:\TMP\backup.log

echo %DATE% %TIME% >> %Logfile%

REM エージェント停止(ある場合)
net stop AMAgent11 >> %Logfile%

REM AutoMate サーバー機能停止
net stop AMManagement11 >> %Logfile%
net stop AMExecution11 >> %Logfile%

sqlcmd -S %SQLServerName% -U %User% -P %Password% -i %SQLScript% >> %Logfile%

REM AutoMate サーバー機能開始
net start AMExecution11 >> %Logfile%
net start AMManagement11 >> %Logfile%

REM エージェント開始(ある場合)
net start AMAgent11 >> %Logfile%
---------------------------------バックアップ実行バッチ:ファイル名:BackupSQLDB.bat---------------------------------

Knowledge記事検索

Knowledge

News・Information