キーストロークやターミナルのテキスト送信で中括弧「{}」を使用したい

【質問】
「入力 - キーストロークの送信」や「ターミナル - テキストの送信」において
中括弧を送信したいが、AutoMate側で特殊文字扱いとなって入力されない。
具体的には、コマンド「ls -l | awk '{ print $9,$10,$11 }'」を実行したいが
中括弧が消えた状態でコマンドが送信されるか、実行エラーとなってしまう。
中括弧を文字列として送信したい場合はどのようにすればよいか。

【回答】
中括弧を中括弧でさらに括ることで、中括弧を文字列として認識させることが可能となります。
上記の例で言うと、キーストロークの送信またはターミナルのテキストの送信において
「ls -l | awk '{{} print $9,$10,$11 {}}'」
のように設定することで、「ls -l | awk '{ print $9,$10,$11 }'」の文字列を
送信することが可能です。
(キーストロークにおける設定例)
<AMINPUT KEYSTROKES="ls -l | awk '{{} print $9,$10,$11 {}}'" />

Knowledge記事検索

Knowledge

News・Information