タスク実行時のログオンとパスワードについて

【質問】
休日にもAutoMateのタスクを動かせるよう自動でPCを立ち上がるように設定しました。
しかし、タスクが起動しません。
AutoMateはログオン状態でないと起動しないでしょうか。
セキュリティ上、自動ログインは避けたいと考えています。

【回答】
原則AutoMateのタスクの実行時はログオン状態である必要があります。
バッチのように一部の処理ではログオフ状態でも実行可能なものもありますが、
ウィンドウのフォーカスや対話機能、マウスの移動など多くのアクションでは画面操作を伴いますのでログオン状態にしてからタスクを実行してください。

また、パスワードですがAutoMateではPCが電源投入され起動したことをトリガーとして(もちろんスケジュールトリガーでも構いません)、自動でログオンさせて後続の処理を実行することが可能です。

以下自動ログオンの設定手順です。
(1)AutoMateタスクアドミニストレーターから該当のタスクを選択→右クリック→「プロパティ」を実行します。
(2)「ログオン」を実行します。
(3)「ワークステーションがログオフされている場合」を「指定したユーザーでログオン」に変更します。
(4)「指定されたユーザー」で「このユーザーアカウントを使用するにチェックを入れます。
(5)「ユーザー名」「パスワード」を入力します。
※「ドメイン」は必要に応じて入力し、通常は未入力でも構いません。
(6)「最大権限で実行する」にチェックを入れます。

タスク終了後は、起動時と同様にPCを終了いただいても構いません。
またタスクの最後に「コンピューター -シャットダウン」アクションでシャットダウンすることも可能です。

Knowledge記事検索

Knowledge

News・Information