【仕様】AutoMate実行機および開発機のディスプレイ表示倍率は「100%」でないと正常に動作しない

AutoMate実行機・および開発機(=タスクビルダーを実行するPC)においては
デスクトップの表示倍率が必ず「100%」でなくてはなりません。
そうでない場合、以下のような弊害が発生する可能性があります。

■座標を使用してマウスを移動させるタスクを実行すると、
 意図した場所とは異なる座標にマウスが移動する

■「対話機能 - 押す」などのアクションにおいて、意図しない場所にマウスが移動される

■タスク実行中のインジケーターが、右下ではなく中途半端な場所に表示される

■Enterprise版(サーバー版)のワークフローデザイナーにおいて、ワークフローの編集が行えない
 (設定が困難な状態となる)

■「対話機能」および「Webブラウザ」アクションにてオブジェクトを取得する際に、
 枠がずれて設定が困難になる

昨今のWindowsにおいては、デスクトップの表示倍率がデフォルトで
「125%」および「150%」等になっている可能性があります。

上記のような事象が発生した際は、表示倍率を「100%」に変更の上
PCを再起動し、事象の解消をご確認下さい。

Knowledge記事検索

Knowledge

News・Information