リモートデスクトップ経由でAutoMate導入環境に接続・切断後、エラーが発生

【質問】
状況確認のため、RDP(リモートデスクトップ)経由でAutoMateが導入されている仮想環境にアクセスした後AutoMateタスクを実行させたところ「ウィンドウがフォーカスできません。」というエラーが発生しました。
原因と対応方法を教えてください。

【回答】
仮想環境への接続終了時に「x」でリモートデスクトップ画面を閉じていないでしょうか?
リモートデスクトップを「x」で閉じて接続を終了すると
次回AutoMateタスク実行時、自動化処理に支障をきたす場合があります。
AutoMateが導入されているWindows環境にリモート接続する場合、「x」ではなく毎回ログオフで画面を閉じるようにしてください。
またはVNC(Vitual Network Computing)などのサードパーティ製のアプリケーションをお使いください。

主なエラー内容:
・ウィンドウがフォーカスできません
・要求された一連の条件に一致するウィンドウはありません
・要求された一連の条件に一致するオブジェクトはありません

Knowledge記事検索

Knowledge

News・Information